主な演奏予定曲

夢みる想い Non Ho L’età (Per Amarti)

1964年のサンレモ音楽祭に初参加して初優勝を飾った歴史的な名曲。同年のユーロビジョン・ソング・コンテストでもこの曲で優勝した。日本でのデビュー曲。イタリアでは2枚目のシングルとして発売され、4月11日付けヒット・パレードで1位を獲得している。

雨 La Pioggia

1969年のサンレモ音楽祭参加曲で6位入賞曲(パートナーはフランス・ギャル)。ヒット・パレードでは3月29日付けで最高2位まで上がり、「夢みる想い」に次ぐチンクェッティのヒット曲となった。日本ではオリコンのチャートに初ランクインし、6位まで上がり32万枚を売る大ヒットを記録している。

愛は限りなく Dio, Come Ti Amo

3年連続の出場となった1966年のサンレモ音楽祭で、見事2度目の優勝を果たした曲。パートナーとして出場し、この曲を作曲したドメニコ・モドゥーニョのシングルはヒット・パレードで2位を記録し、チンクェッティのシングルは2月5日付けで7位まで上がるヒットとなった。

あこがれはいつも心に Ho Bisogno Di Vederti

1965年のサンレモ音楽祭入賞曲で、2月13日付けのヒット・パレードで9位を記録している(パートナーはコニー・フランシス)。

薔薇のことづけ Rose Nel Buio

1971年のサンレモ音楽祭に出場し、9位に入賞した曲(パートナーはレイ・コニフ)。ヒット・パレードでは3月27日付けで8位まで上がるヒットとなった。また日本でも6万枚を売り上げ、オリコンで32位を記録している。

つばめのように Volano Le Rondini

日本では21枚目のシングルとして発売された曲。1970年の万博での来日公演直後のシングルということもあり、オリコンで14位まで上がり10万枚を売る大ヒットを記録している。

ローザ・ネーラ (愛の黒バラ) La Rosa Nera

1967年の“夏のディスク・フェスティヴァル”で2位に入賞し、同年のヴェネツィア国際音楽祭参加曲でもある。7月8日付けのヒット・パレードで5位まで上がる大ヒットとなった。

ロマンティコ・ブルース Romantico Blues

1970年のサンレモ音楽祭に出場し6位に入賞(パートナーはボビー・ソロ)、ヒット・パレードで12位まで上がるヒットとなった。また日本では万国博覧会のための来日記念盤としてシングル発売された。

恋よまわれ Gira L’amore

1972年のサンレモ音楽祭出場曲で9位に入賞、ヒット・パレードでは4月1日付けで最高7位を記録している。日本では27枚目のシングルとして5月5日に発売され、オリコンで90位まで上がっている。

太陽のとびら Alle Porte Del Sole

1973年秋から1974年初頭にかけて行われたカンツォニッシマで優勝した曲。ヒット・パレードでも2月2日付けで首位にたち、以降9週連続でトップの座を守り続け、ジリオラ最大のヒット曲となった。

落ち葉の恋 Come Una Foglia

日本では19枚目のシングルとして発売され、イタリアでは「ペンシルヴァニアの男」のB面に収録された曲。1969年のヴェネツィア国際音楽祭参加曲で、オリコンの94位に入った。

その他、新作『20.12』からの曲目などを予定

(演奏曲目は変更する場合があります。予めご了承下さい。)